Canon Security Days /
ESET Security Days 2020 VIRTUAL

お申込み
はこちら

ニューノーマル時代のビジネス変革を支えるセキュリティとは?

お申込みはこちら

今年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響により社会情勢が大きく変化し、
多くの企業でテレワークの実施やクラウドの利用が急速に拡大しました。
それに伴い、企業の変化に乗じたサイバー攻撃も急増しています。
これからのニューノーマル時代では、今まで以上にセキュリティ対策が求められます。

キヤノンマーケティングジャパンとイーセットジャパンは、
「ニューノーマル時代のビジネス変革を支えるセキュリティとは?」をテーマに
「Canon Security Days / ESET Security Days 2020 VIRTUAL」を
2020年11月10日(火)~13日(金)の4日間にわたり開催します。
ニューノーマル時代にさらに加速するビジネス変革をセキュリティでどのように支えるのか、
有識者・研究者・技術者・ベンダーなど専門家が最新の市場動向やセキュリティソリューションを紹介します。

今年は完全オンライン配信にて開催いたしますので、
テレワーク勤務の方にも、場所を選ばず受講いただけます。
皆様のご参加を、心よりお待ちしております。

Opening Session 基調講演

DAY1

11/10

11:00-11:45

サイバーセキュリティ2020と最近の動向

内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター 内閣参事官

上田 光幸

サイバー空間とフィジカル空間が一体化した社会すなわちSociety5.0に向けてDXの推進は不可欠である。その際、サイバーセキュリティの取組は、イノベーションの推進にも資するものであることが期待される。本講演では、こうした認識に対応して現在政府が推進しているサイバーセキュリティ関連政策について、研究開発、人材育成、普及啓発に係る施策を中心として、今後の方向性について概説する。

DAY2

11/11

11:00-11:45

次の20年を戦い抜くための情報セキュリティ

株式会社アクティブディフェンス研究所 代表取締役

忠鉢 洋輔

日々状況が変化するサイバー攻撃に対して、その対策にどれだけ何に投資すべきか、理解し適正な予算を付けるために知っておくべきことを、事例を交えつつご説明します。技術的な点では、特に中小企業においてはもっと積極的に用いられるべきシステムのクラウド化と既存のセキュリティ対策製品のウソとホントについて具体的に説明します。また、経営者、管理職の方には是非知って頂きたい、情報セキュリティに関する法律やガイドラインとその今後についても触れます。

Theme Session テーマセッション

  • DAY1

    11/10

    2021に備えるサイバーセキュリティ

    13:00-13:45

    市場動向トラックM1-1

    クラウド時代のゼロトラストと新たなセキュリティモデル

    ESET, spol. s r.o.
    チーフプロダクトオフィサー

    ヤクブ・デブスキ

    近年のデジタルトランスフォーメーション(DX)やコロナ禍によるリモートワーク推進に伴い、企業の業務システムのクラウド環境への移行が加速しています。従来の社内・社外という境界に則って講じられてきたセキュリティ対策では対応しきれない場合も出てきています。このたび、ESET本社よりチーフプロダクトオフィサーが、クラウド時代のゼロトラストと新たなセキュリティモデルについてお話します。

    14:00-14:30

    ESETトラック​E1-1

    チャンスとリスクは表裏一体。DXを支えるサイバーセキュリティ

    キヤノンマーケティングジャパン株式会社
    セキュリティソリューション商品企画部
    課長代理

    植松 智和

    コロナ禍で半ば強制的に進んだデジタル変革は、新たなビジネスの創出や生産性向上、事業継続の観点から2021年もさらなる加速が予想されます。一方で、社会の変化に乗じた、変革の隙きを狙うようなサイバー攻撃も予想されるなか、セキュリティの重要性はより高まっているといえます。
    本セッションでは、ユーザーへの調査から見えてきた現状を整理し、DX推進のために必要となるセキュリティ対策のあり方をお話します。

    14:45-15:15

    ソリューショントラックS1-1

    ニューノーマル時代に中堅中小企業が備えるべきこれからのセキュリティ対策とは

    キヤノンシステムアンドサポート株式会社
    ITソリューション推進部 部長

    石井 雄太

    ニューノーマル時代、多くの企業がテレワークを前提としたIT環境構築へ変革する中、その環境下でのサイバー攻撃対策や内部情報漏洩対策は、今までのオフィス中心のIT環境とは違った対策が必要になってきます。本セミナーではそのような状況の中、中堅・中小企業のお客様が、今とるべき対策は何かに焦点を当ててご説明いたします。

    15:30-16:15

    ソリューショントラックS1-2

    ホワイトハッカーとアナリストが語る、サイバー攻撃の真実

    パネラー:
    株式会社イエラエセキュリティ
    高度解析部ペネトレーションテスト課

    村島 正浩

    パネラー:
    株式会社イエラエセキュリティ
    高度解析部ペネトレーションテスト課

    片岡 玄太

    キヤノンITソリューションズ株式会社
    ITサービス事業部ITインフラ技術本部技術四部

    山田 和政

    激化するサイバー攻撃のニュースが世間を騒がせている昨今、自社に必要な対策は明確でしょうか。
    本セッションでは、攻撃者の手法を熟知した「ホワイトハッカー」と最前線でサイバー攻撃を捕らえる「スレットハンター」が、それぞれの持ち場であるペネトレーションテスト(攻め)とフルパケット解析(守り)の見地からシステム管理者にとって必要なエッセンスを語ります。
    「どこまでセキュリティ対策をすべきかわからない」「マルウエア感染させた後に攻撃者はどんな攻撃を仕掛けてくるのか」「どのようなシステムがハッカーから見て脆弱なのか」といった疑問に対して実際に起こった事例を交え、脅威に対抗するtipsを解説します。

  • DAY2

    11/11

    テレワークとセキュリティ

    13:00-13:45

    市場動向トラックM2-1

    2020年のサイバーセキュリティ脅威動向と今求められる対策

    キヤノンマーケティングジャパン株式会社
    サイバーセキュリティラボ
    セキュリティエバンジェリスト

    西浦 真一

    2020年は、新型コロナウイルス感染症の影響により感染防止策としてのテレワークの拡大をはじめ社会に大きな変化が求められる年となりました。サイバーセキィリティの脅威も社会変化とともに、日々巧妙化・複雑化しており、業種や規模を問わず、あらゆる企業がその脅威に直面しています。本セッションでは、マルウェアを中心に日本国内で2020年上半期に観測された脅威を解説し、脅威に対する備えをご紹介します。

    14:00-14:30

    ESETトラックE2-1

    ひとり情シスのお悩み解消!安心安全なテレワーク環境構築術

    キヤノンマーケティングジャパン株式会社
    セキュリティソリューション事業企画部
    情報処理安全確保支援士

    峯森 惇平

    いまだ猛威を振るうEmotetへの備えはされていますか?
    Mazeに代表される暴露型ランサムウェアの国内被害が増えているのはご存じでしょうか?
    また、サプライチェーンや取引先からのエンドポイント対策強化の要請はありませんか?
    本セミナーではニューノーマル時代における、テレワーク環境を前提としたエンドポイントセキュリティ対策を、中小規模事業者がテレワーク運用時に陥りがちな6つの課題とESET製品の次世代ソリューションと紐づけながらご紹介いたします。

    14:45-15:15

    ソリューショントラックS2-1

    クラウドサービスを安全に利用するための認証・アクセス管理ソリューション

    キヤノンマーケティングジャパン株式会社
    サイバーセキュリティ技術開発センター

    武藤 真

    昨今の情勢から、テレワークを実施する人が増加し、社外等でクラウドサービスを利用するシーンが増えてきています。しかし、ログイン情報であるID/パスワードを狙ったサイバー攻撃も増加しており、今後ますますセキュリティインシデントが増えることが予想されます。
    Thalesが提供する、統合認証・アクセス管理サービス【SafeNet Trusted Access】では、2要素認証やHWトークンなどセキュアな認証を用意し、利便性を損なわないSSOやAD連携機能で、お客様の情報資産を守ります。

    15:30-16:00

    ソリューショントラックS2-2

    継続するテレワーク 安全で快適な環境で行うために必要なこと

    キヤノンマーケティングジャパン株式会社
    エリアビジネスユニット
    ITS事業推進部

    桐山 忠

    コロナ禍により急速に普及したテレワーク。緊急だったため、環境整備が不十分なまま運用開始した企業も多いのではないでしょうか。
    今後も継続して運用していくために、経営者が安心できて従業員が快適にテレワークできる環境を早期に整えることが重要です。

    16:15-16:45

    実用トラックCS2-1

    SonicWallで実現するセキュアなテレワーク

    ソニックウォール・ジャパン株式会社
    SE部 セキュリティエンジニア

    町永 直之

    新型コロナウイルスの影響でテレワーク環境の導入を検討される企業様が増えてきております。同時にセキュリティに不安を感じている企業様もまた多いのではないでしょうか。
    本セッションではテレワークの考え方や対策事項を「総務省テレワークセキュリティガイドライン」に基づいて解説し、SonicWallのソリューションによってテレワークをセキュアに実現する方法を紹介します。

  • DAY3

    11/12

    ニューノーマル時代のセキュリティ

    13:00-13:45

    市場動向トラックM3-1

    ニューノーマルで進むビジネス変革!その時求められるセキュリティとは?

    パネラー:
    株式会社アクティブディフェンス研究所
    代表取締役

    忠鉢 洋輔

    パネラー:
    キヤノンマーケティングジャパン株式会社
    セキュリティエバンジェリスト 

    西浦 真一

    パネラー:
    国立研究開発法人 情報通信研究機構
    サイバーセキュリティ研究所 サイバーセキュリティ研究室 室長

    井上 大介

    モデレータ:
    キヤノンマーケティングジャパン株式会社
    セキュリティソリューション事業企画部
    情報処理安全確保支援士

    石川 滋人

    コロナ禍の影響でテレワークの拡大やクラウドシフトなどビジネスにおける”デジタル化”がこれまで以上に加速する一方で新たなフィッシングや脆弱性をついた攻撃など環境変化に合わせたサイバーセキュリティのリスクが高まっています。
    本パネルディスカッションではこの予測できないニューノーマル時代においてビジネス変革とゼロトラストなどに代表されるこの時代に必要とされるセキュリティ対策のあり方について有識者とセキュリティエバンジェリストが議論を交わします。

    14:00-14:30

    ESETトラック​E3-1

    進化するサイバー脅威に対するESETの取り組み

    ESET, spol. s r.o.

    ロバート・リポヴスキ

    近年、企業に対するサイバー攻撃やセキュリティ侵害に関するニュースをしばしば耳にしますが、サイバー脅威は新しいものではなく、コンピューターの普及とともに猛威を振るってきました。社会の流れや変化とともに、常に進化しているサイバー脅威に対するESETの取り組みと、30年以上にわたり蓄積された情報と経験を基に開発されている技術について解説します。

    14:45-15:15

    ソリューショントラックS3-1

    知っておくべき!これからのクラウド利用のあるべき姿

    キヤノンマーケティングジャパン株式会社
    サイバーセキュリティ技術開発センター

    横山 菜々

    コロナ禍を経験し、新しい生活様式が定着する中で、国内の多くの企業でテレワークの導入が急速に進みました。今後も、感染症対策のみならず、BCP、働き方改革を目的としてテレワークなどの柔軟な働き方が浸透していくと考えられます。それにともない、社内システムのクラウドサービス移行はより加速することが予想されています。
    本セミナーでは、今なぜクラウドサービスを導入すべきか?また、それにともなうセキュリティ上の課題は何かについて、日々の業務で当たり前のように利用しているメール・Webの観点から解説し、ニューノーマル時代に必要なセキュリティ対策ソリューションをご紹介します。

    15:30~16:00

    実用トラックCS3-1

    ログ管理でニューノーマル時代に潜むセキュリティリスクに備えを

    インフォサイエンス株式会社
    プロダクト事業部・セールスチーム

    阿比留 翔太郎

    ニューノーマル時代の働き方として、テレワークやクラウドサービスの導入、検討している企業が日々増加しています。企業のシステムはより複雑なものとなり、すべてのセキュリティリスクを把握することは極めて困難です。統合ログ管理では、企業内の様々な機器やクラウドサービスのログを一元的に収集・分析することで、複雑なシステム環境下でも内部統制対応や脅威対策など、様々なセキュリティリスクに対応することが可能です。
    統合ログ管理によるニューノーマル時代のセキュリティ対策方法をご紹介します。

  • DAY4

    11/13

    ご登録者様限定!ニューノーマルをテーマにしたセキュリティ対策セミナー動画をまとめて視聴!

    ニューノーマル時代のセキュリティ対策のあり方

    新型コロナウイルス感染症の流行に便乗したサイバー 攻撃とその対策

    多様化時代のインシデントレスポンス

    クラウドサービスを安全に利用するためのデータ保護対策

    ※上記以外にも多数ご視聴いただけます。

    2020年の10月までに実施したセミナーの中から厳選した動画を公開します。
    新型コロナウイルス感染症に乗じたサイバー脅威の動向をはじめ「ニューノーマル時代に必要とされるセキュリティ対策」など様々なセキュリティ対策ソリューションを専門家や技術者が解説します。是非こちらもご視聴ください。

Outline 開催概要

会期 2020年11月10日(火)~13日(金)
参加費 無料(事前登録)
共催 キヤノンマーケティングジャパン株式会社、イーセットジャパン株式会社